購入をお考えのお客様



豊富な情報と経験を持ったスタッフが、お客様の様々なご要望にそったアドバイス!
資金や法律のことなど、お気軽にご相談ください。

「住まいの購入」は、一生のうちにそう何度もあるものではありません。それだけに、できるだけ条件が良く、納得のゆく物件を購入したいものです。そのためには、専門の知識を持った「信頼できる不動産業者選び」が大切な第一歩であると言えます。
ご購入される方の立場に立って、あるいはご売却される方の立場に立って、様々なご要望やご期待にお応えする。日経アメニティージャパン㈱のスタッフは、常にお客様の気持ちになり、心のこもったお手伝いをさせていただきたいと思っております。

お客様の希望購入価格や立地、設備、築年数等を細部に渡り打合せさせて頂きます。
その上で、お客様の希望購入お客様にお見せする前に当社の営業が現地調査致し、建物の状況やお客様の希望に沿う物件かどうか、近隣周辺はどうかなど詳細にわたり調べます。




新しいお住まいのご予算や自己資金やローンの借入・返済プランなどを総合的に考慮して、資金計画を立てましょう




諸費用とは

 

 

登録手数料 ●司法書士費用:登記手続きの際の司法書士への報酬
●登録免許税 
ローン諸費用 ●ローン事務手数料
 ローンを申し込む時に必要となる費用です。
●ローン保証料
 連帯保証人を立てるかわりに必要となります。
 ※金融機関、借入期間等によって異なります。
仲介手数料 ●<物件価格が400万円超の場合>
 成約価格の3%+6万円(別途消費税および地方消費税)
税金 ●印紙税
 売買契約書やローンを組む時の契約書に貼る印紙代金
●登録免許税
 不動産を買った時(所有権移転登記)
 
ローンを借りた時(抵当権設定登記)
●不動産取得税
●固定資産税
●都市計画税
 購入した年は売主様と現金清算して頂きます。
保険料 ●火災保険料
●団体信用生命保険料など
その他 ●引越し代
●リフォーム代など



 

実際に物件を見に行き、隅々までチェック!ご購入のご意思が決定されましたらお客様(買主様)と売主様の合意のもとに契約関係書類を作成します。
 

物件へお客様をご案内し、内装や外観、立地条件や眺めなどお客様に拝見して頂き、細部に渡り打合せ、内装の状態や物件購入での諸費用等を打合せさせて頂きます。
物件の購入の意思が固まりましたら契約・物件の引渡しを致します。
また、購入後のご相談やお付合いもさせて頂きます。


現地で物件の状態をしっかりチェックし、売買契約の重要事項内容をきちんと確認しましょう。

物件のチェック 物件のチェック
□内・外装の材質や汚れ、ひび割れは?   □周辺道路の状況(交通量など)は?
□部屋数や使いやすさは? □スーパーや商店街は?
□日当たりや風通し、騒音の有無は? □病院は?
□ドアや襖はスムーズ? □学校や幼稚園、図書館などへの距離は?
□畳や床のきしみは? □最寄り駅からの時間は?
□雨漏りや腐食の状況は? □始発・終電の時間や混雑状況は?
□台所や浴室、トイレの換気は充分? □晴れた日、雨の日の状況は
□水まわりの設備状況は?  
□収納スペースは充分?  
□車庫や空調設備の状況は?  
□私道や共用施設の有無は?  
□増改築の必要性は?



重要事項内容の確認

○登記簿に記載されている権利関係
 ・登記簿謄本(抄本)と相違点はないか?
 ・発行日付は最近のものか?

○私道負担に関する事項
 ・私道負担の有無や面積、場所は?

○都市計画法などによる制限について
 ・将来、家を建て替えるのに支障はないか?

○水道・ガス・電気等の整備状況
 ・ちゃんと整備されているか? ・将来的に整備される場合は、負担の有無や額は?

○売買代金以外に授受される金銭について
 ・その名称や金額や目的に不明点はないか?

○契約の解除に関する規定
 ・その時期や手続の方法は?


不動産売買契約書に署名捺印する時に注意してきちんと内容を確認しましょう

不動産売買契約書の内容は、重要事項説明書と重複する部分が多く、取引内容や当事者の権利や義務等が記載されていますので、不明点などが無いかを最終的にしっかりと確認してください。お客様(買主様)と売主様が署名捺印し、お客様(買主様)が手付金を支払うと正式に契約が成立します。



※ご注意
(1)印鑑(ローンご利用の場合は実印)
(2)手付金(現金か小切手かを確認します)
(3)印紙代(売買金額によって異なります)
(4)仲介手数料の半額(媒介契約の支払条件により異なります。別途消費税および地方消費税がかかります。)
 ※ローンご利用の場合は、別にローン申込み用の必要書類がございます。



住宅ローンの種類

日経アメニティージャパン㈱提携ローン
提携金融機関にて、各種ローンを取り揃えております。お気軽にスタッフへご相談ください。

民間ローン
民間ローンとは、銀行、信用金庫、生命保険会社、住宅金融専門会社、信販会社など、民間金融機関が独自の規定に基づいて行う住宅ローンです。金利や融資限度額、返済方法などの融資条件はそれぞれ異なります。

住宅金融公庫融資
購入する物件が所在する都道府県内の「住宅金融公庫業務取扱店」と表示された金融機関で手続を行います。
【利点】…固定金利の割に金利が低い。抵当権設定時の登録免許料が免除になる等。
【注意点】…金利に保険料が含まれません。融資実行が所有権移転登記後のため、つなぎ融資を利用しなければならない場合がある等。

年金住宅融資
厚生年金保険や国民年金の加入者を対象とした融資。

財形住宅融資
勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした融資。


最終確認です!購入された物件が引き渡しても良い状態になっているのか?契約時と状況が違っていないか?
残金のお支払内容を確認しましょう!

○付帯設備等および物件状況報告書(内容と現状が一致しているか。)
○隣地との境界の確認。
※電気・ガス・水道の連絡先・使用方法などの引き継ぎもお忘れなく!


売買契約締結からお住まいの引渡しまでに下記のような費用が必要になります


 

 

登記申請 所有権移転登記の申請を行います。必要書類を登記を代行する司法書士に渡し、登記申請を依頼します。
残金のお支払い 売買代金のすべてを支払います。手付金は売買代金の一部として充当しますので、手付金と内金を差し引いた額が残金となります。
固定資産税等の清算 固定資産税、都市計画税、管理費等を、売主様と清算して頂きます。
関係書類の受け取り 売主様から管理規約、パンフレット、付帯設備の取扱説明書などを受け取ります。
カギのお引渡し 売主様からカギを受け取ります。その際「物件引渡確認書」を取交わしていただきます。
諸費用のお支払い 仲介手数料などの諸費用をお支払いいただきます。司法書士に所有権移転登記、抵当権設定登記などの申請を依頼し登記費用もお支払い頂きます。

 



おめでとうございます!
物件の引渡しも終わり幸せな暮らしの始まりです♪

 
生涯のお付合いになりますのでこれからも日経アメニティージャパン㈱を宜しくお願いします^^